鈴木信太郎展:Shintarou   Suzuki

鈴木 信太郎(すずき しんたろう、1895年8月16日 - 1989年5月13日)は、洋画家

東京生まれ。白馬会洋画研究所で黒田清輝に師事する。二科展に出品し、1936年会員となる。戦後1955年二科会を退会して一陽会を結成し中心的存在として活躍する。1960年日本芸術院賞受賞、1969年日本芸術院会員、1988年文化功労者。明朗な風景画を得意とした。(WIKI)










象と見物人 1930
そごう美術館










会場奥のコーナーに
展示された庭シリーズ4点、
ソファにすわり
15分ほどあきずに
ながめていました。

おだやかなグリーンが、
ここちよいです!

緑の構図 1936
草上の桃 1930
青い庭 芭蕉と紫陽花  1937
青い庭 芭蕉と百合  1938











越後の海 1937

東京の空 1931

コメント

このブログの人気の投稿

ウイーンの森の小さなコンサート:宮田  森(ピアノ)

モノクロ映画:26選

カフカ:長編3部作ほか