投稿

ラベル(gallery)が付いた投稿を表示しています

伊藤慶二の絵と陶彫:Keiji Ito Pictures and Ceramic Sculptures

イメージ
この度小山登美夫ギャラリーでは、陶の立体作品、絵画などジャンルにとらわれず精力的に制作を続ける86歳のアーティスト、伊藤慶二の個展を開催いたします。 本展は作家にとって弊廊における初個展となり、最新作である陶の立体、伊藤の源流ともなる油絵の近作、そして今回のために制作された布と糸のコラージュ作品を展示いたします。(HP) 🟠平面と立体の調和! 🟠居心地の良い間のある空間構成!

Lee Kit:A blank stare like a gasp

イメージ
 リー・キットは1978年香港生まれ。香港中文大学修了。台北を拠点に、アジア、アメリカ、ヨーロッパ各地で滞在制作を行う。展覧会では、その場所の空気に呼応する、サイトスペシフィックな作品を展開。絵画やドローイング、プロジェクターの光や映像、さらには家具や日用品などを配置し、不安や孤独、存在/不在、ノスタルジーなどのとらえがたさを表現したインスタレーションを制作してきた。自身を取り巻く環境や個人的な経験に根ざした作品は、同時代の社会・政治的な状況を観客に意識させる。 🔵 ナチュラルな感性が訴えかけてきます。 息をのむような!

ARYO TOH DJOJO: OVER MY HEAD

イメージ
Aryo Toh Djojo(アリオ・トー・ジョジョ)は、ロサンゼルスを拠点とするアーティストです。1984年にロサンゼルスで生まれ、Art Center College of DesignでBFAを取得しました。  Djojoの作品は、2020年以降、UFO学をテーマに神秘性や精神性を探求しています。 作品には、エアブラシや視覚的なパースペクティブなどのデザイン原理が取 り入れられています。  PERROTIN  TOKYO 🔵 不思議な空気感のある写真です。 また、作家が多様な素材 表現を求めているのがよくわかります!

XU NING :シュ・ニン展

イメージ
【シュ・ニン(許寧)の新作 ー繊細さとダイナミズムが融合した、感情溢れるペインティング】 大きな白いキャンバスに、面相筆で一筆一筆細かく描き重ね、ドリッピングによる絵の具の跳ねや垂れの偶然性も共存したシュ・ニンの作品。色の鮮やかさ、躍動感と迫力で観るものを圧倒し、彼女の人生に真摯に向き合う信念と、自然への豊かな愛情、感動に溢れています。 作品制作においては、母国中国の古代思想や、ネーデルラント絵画のリアリティ、現代ファッションの装飾と革新性や、自然の美、生命の儚さなど、さまざまなジャンルを越えた事象から影響を受け、どこにもない独自の魅力を生み出しています。シュ・ニンは本展のタイトルを「Starting with a Tear – HISTORY (涙からはじまる – ヒストリー)」と名付け、その想いを自身の言葉で表しました。(HP) OIL  On  Canvas ビーズ 刺繍を思わせる魅力的なコラージュ

GAHEE PARK: Eveningness

イメージ
ペロタン東京はこのたび、ガヒ・パク による一連のペインティングとドロー イングを日本初公開いたします。韓国 に生まれ、カナダのモントリオールを 拠点に活動するパクの作品は、生まれ 育ったソウルや、米国で生活を始めた 当初の観察からインスピレーションを 得ています。パクのペインティングは 個人的かつ幻想的であり、日常にある 物や行為を挑発的に描いた場面を通し て、家庭内における親密性や欲望を探 究しています。本展「Eveningness」 は、パクにとって4回目のペロタンで の個展となります。 Flower and Flies  2022 ● 甘い香りに 包まれています。