オットー・ネーベル展:Otto Nebel


解説によりますと
ネーベルはクレーに似ていると
よく言われるそうです。
私も正直そう思いました。

私の知らなかった作家です。
この個展をつうじて
バウハウスの偉大さを
また思い知らされたような
気がします。



 オットー・ネーベル(1892〜1973)はベルリンに生まれ、スイス・ドイツで活動した画家。1920年代半ばにワイマールに滞在し、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、長年にわたる友情を育んだ。美術のみならず、建築や演劇も学んだネーベルは、画家としてだけでなく、版画家や詩人としても活動した。(美術手帳)




カラーアトラス  1931
ナポリ


ポンペイ



建築のフォルムと緑  1931








●表面がレリーフ状に浮き上がっています。
特徴的な表現です。

ネーベルは背景の点の数を、数字で
2872個と記憶している几帳面な
作家であったそうです。(解説)

満月のもとのルーン文字 1954
(ゲルマン語の古書体)

冬の構成 1940

黄色がひらひら  1939

明るい黄色の出来事  1937





コメント

このブログの人気の投稿

ウイーンの森の小さなコンサート:宮田  森(ピアノ)

モノクロ映画:26選

カフカ:長編3部作ほか