バーナード・リーチ展  Bernard Leach

●バーナード・リーチ(1887~1979)英

東と西の出会い
生誕125年
バーナード・リーチ展

英国セント・アイヴス遠景(パンフより部分)
島根:宍道湖(パンフより部分)





●リーチは青年の頃ラフカディオ・ハーンを愛読し
日本への思いをつのらせたそうです。
松江をはじめ
リーチゆかりの窯が
日本各地で活動しています。
炎のストーリー
いまもつづいていることが素敵です。






緑釉飛鉋水指 ONDA 1954 日本民芸館
緑釉櫛描水注 1954日本民芸館

黄釉兎文中皿 1954頃  河井寛次朗記念館
鉄絵魚文花瓶  1961  大原美術館
鉄砂魚文大鉢 1969  京都国立近代美術館
灰釉瓜形瓶  1961  アサヒビール大山崎山荘美術館



















東京日本橋個展の荷解き 1954部分(パンフより)



●その後もリーチはたびたび来日し、
益子、松江、小鹿田などの各地の
窯を巡りました。
陶工たちに惜しみなく技やデザインを教え、
自らも優れた作品を残しています。
リーチが目指した
「東洋と西洋の美の融合」は、
近代日本の陶芸が進むべき
ひとつの指標となりました。(パンフより部分)








コメント

このブログの人気の投稿

ウイーンの森の小さなコンサート:宮田  森(ピアノ)

モノクロ映画:26選

カフカ:長編3部作ほか