マティス:自由なフォルム

20世紀最大の巨匠アンリ・マティス(1869-1954)。自然に忠実な色彩から解放された大胆な表現が特徴のフォーヴィスムの中心人物としてパリで頭角を現します。後半生の大半を過ごすこととなるニースではアトリエで様々なモデルやオブジェを精力的に描く一方で、マティスは色が塗られた紙をハサミで切り取り、それを紙に貼り付ける技法「切り紙絵」に取り組みます。

本展はフランスのニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵に焦点を当てながら、絵画、彫刻、版画、テキスタイル等の作品や資料、約150点を紹介するものです。なかでも同館が所蔵する切り紙絵の代表的作例である《ブルー・ヌードⅣ》が出品されるほか、大作《花と果実》は本展のためにフランスでの修復を経て日本初公開される必見の作品です。

本展ではさらに、マティスが最晩年にその建設に取り組んだ、芸術家人生の集大成ともいえるヴァンスのロザリオ礼拝堂にも着目し、建築から室内装飾、祭服に至るまで、マティスの至高の芸術を紹介いたします。(HP)


花と果実 1952〜53
切り紙絵
ニース市マティス美術館










ブルー・ヌード:1952 切り紙絵












🟠たくさんの素敵な切り絵作品を見ることができました。

ニース市マティス美術館蔵作品中心で

初めてみるものが多く、とても印象的でした。

6枚のパレット展示がありました。

5mlの小さな絵の具チューブが中心に使用されていたようです。

こんなに小さな絵の具から生み出された、

油絵をあらためて見てみますと、

マティスは厚塗りの画家ではないことがわかりました。


国立新美術館




コメント

このブログの人気の投稿

ウイーンの森の小さなコンサート:宮田  森(ピアノ)

モノクロ映画:26選

カフカ:長編3部作ほか